善玉菌を増やす方法~善玉菌が劇的に増える乳酸菌サプリとは?

乳酸菌は死んでいてもOK!?

腸内細菌研究の第一人者である光岡博士によると、体内に摂り入れるのは生きた乳酸菌でも死んだ乳酸菌でも構わないとのこと。
生きた乳酸菌が届くほうがなんとなく良い感じがしましたが、別に死んでいても良いのであれば、乳酸菌摂取の方法もかなり幅が拡がりそうですね。

博士によると、ヨーグルトなどの発酵食品が身体に良いのは事実で、乳酸菌を食品として摂取することで腸内の善玉菌が増えることは間違いなく確かだそうです。
でもそれは、例え摂取した後死んでしまった菌であっても増えることには変わりなく、菌が腸へ到達することで増殖させることが出来るのだそうです。
菌には菌体成分というものが含まれていて、それが腸内にいる免疫細胞を刺激することで恒常性が安定し、機能が高まることが予測されているのですが、その詳しいメカニズムはいまだ研究中のようです。
もっとも私たち一般人は、とにかく乳酸菌をたくさん摂取して、エサとなるオリゴ糖も与えてあげれば、間違いなく乳酸菌を増やす方向へはたらいて、腸内環境を良くすることが出来るということだけしっかり覚えておけばよいでしょう。

また、死んでいてもOKとなれば、真っ先に期待出来るのがサプリメントの活用です。
ヨーグルトなどを毎日一生懸命食べているという人も、場合によってはなかなか摂取出来ないこともあるでしょう。
外出先や旅行先では定期的な摂取もなかなか難しい場合もあります。
でも長期間発酵させた乳酸菌を加熱処理したサプリメントであっても同じ効果があることが判明しているなら、大手をふって外でも摂取することが出来ますね。

↑ PAGE TOP